11月 182016
 

1日当たり3400人分の人道的救援物資を輸送可能

サンディエゴ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) —
遠隔操縦航空機(RPA)システム、レーダー、電子光学および関連ミッションのシステムソリューションを製造する大手企業のジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)は本日、当社所有の航空機を人道救援活動のために提供すると発表しました。


“エンジェル・ワン”は、GA-ASIが所有・操縦するジェットエンジン搭載の「プレデター」RPAシステムをベースにした航空機で、毎日8500ポンドにのぼる人道的救援物資(HDR)を3400人に届けることができます。この能力により、緊急に必要とされる食料品や医療品を、シリアなどの戦争犠牲者や世界各地の自然災害による被災者など、他の方法ではアクセスできない人々まで確実に届けることができます。

特別設計された内部ベイドアのリリース機構により、1回のミッションで2回の物資投下を個別に行えます。現場にHDRを均等に分散させることができるため、民間人が必要物資の回収に成功する可能性が高くなり、従来のパレットを使った物資投下と比べて、輸送成功の可能性がはるかに上回ります。

“エンジェル・ワン”は人道救援が必要な限り、最長3時間のミッションを1日に3回まで実施できます。

エンジェル・ワンの高解像度写真と映像は、GA-ASIのメディア関係者一覧に記載されている有資格の報道機関に提供しています。

GA-ASIについて

ジェネラル・アトミクス傘下のジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズは、世界中の軍事・民間アプリケーション向けに遠隔操縦航空機システム、レーダー、電子光学および関連ミッションのシステムソリューションを通じて、状況認識能力を提供しています。当社の航空機システム事業部門は、プレデターA、プレデターB/MQ-9リーパー、グレイ・イーグル、プレデターCアベンジャー、プレデターXPなど、実績ある信頼性に優れたRPAシステムの設計と製造でリードしています。また、次世代のアドバンスド・コックピットGCSを含む、さまざまな最新鋭デジタル地上管制ステーション(GCS)を製造して、パイロットのトレーニングとRPAフィールド運用のためのサポートサービスも提供しています。ミッション・システムズ事業部門は、リンクス・マルチモード・レーダーと、高度なクロー・センサー制御および画像分析ソフトウエアの設計・製造に加え、有人航空機と遠隔操縦航空機の両方にそれらの組み込みを行っています。また同部門は、情報・監視・偵察(ISR)航空機プラットフォーム向けの統合型センサー・ペイロードやソフトウエアの提供にも注力し、高エネルギー・レーザー、電子光学センサー、メタマテリアル・アンテナの開発も手掛けています。詳細情報については、www.ga-asi.comをご覧ください。

Predator、Reaper、Avenger、Lynx、およびClawはジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズの登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

General Atomics Aeronautical Systems, Inc.
Melissa Haynes,
+1-858-524-8108
ASI-MediaRelations@ga-asi.com

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 12:34 AM

エアカナダ、第3期は利益増

 エアカナダ  エアカナダ、第3期は利益増 はコメントを受け付けていません。
11月 082016
 

エアカナダは9月末までの3ヶ月の経営収支を明らかにした。 純益は昨年同時期と比較し75.7パーセント増の7億6800万カナダドルとなった。

 Posted by at 8:51 PM
10月 272016
 

韓国 仁川–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 人口5千万人の大韓民国において人口300万人を超える三番目の巨大都市が誕生した。2016年10月19日、仁川市は人口300万人を突破し、ソウル、釜山に続いて36年ぶりに人口300万人の都市になった。


人口は都市の勢いを計る重要な指標である。世界的に人口の急激な減少により国家及び都市の競争力の衰退が憂慮される中で、人口の300万人突破は世界主要都市と肩を並べることができる原動力を持ったことを意味する。3億人を超える人口のアメリカでも300万人以上の都市はニューヨーク、ロサンゼルスの2か所だけであり、同じ位の規模の都市はドイツのベルリン(350万人)、スペインのマドリード(320万人)
などである。大韓民国では現在急速に高齢化が進んでおり、人口推移を考慮するとこれ以上大規模な都市が誕生することは難しいであろうと言われており、これは注目に値することである。

仁川の人口が増加した要因は、人口の流入に負うところが大きい。ソウルに比べて仁川は住宅環境では価格競争力があり、雇用が増加し、交通の利便性に優れるためにますます人口が増加する中、ソウル、釜山の人口は減少する一方である。

ソウルの衛星都市という世間の偏見を覆すように、2001年国際空港を開港し、2006年には韓国国内最初の経済自由区域の造成を足掛かりとして、仁川は北東アジアの主要都市に成長した。仁川から飛行機で2時間以内で移動できる半径1,000km内に人口100万人を超える都市が84か所も存在する。国際空港と港湾を有し、168個の島と海に恵まれ、松島・青蘿・永宗から構成される大韓民国で最高の経済自由区域を持つ仁川は、観光とビジネスの中心地として最適の条件を備えている。

歴史的に見ると仁川は大韓民国で最初の開港地であり、外国と交易をする最初の関門であった。大韓民国で野球、サッカーが始まった所でもあり、鉄道、西洋式ホテルなどが初めて造られた地である。少し前に上映された映画「仁川上陸作戦(OPERATION
CHROMITE)」の歴史的場所として外国人にもよく知られている。また、2014年のアジア競技大会と
2015年のプレジデンツカップゴルフ大会の誘致を通して世界の人たちに仁川という都市を印象付けた。

仁川市は
2016年10月19日付けで人口300万人を突破して大韓民国ではソウル、釜山に続き36年ぶりに人口300万人の都市になった。人口300万人時代を迎えた仁川は歴史的、地理的特徴を最大限に活かして大韓民国の発展を主導的に導くという決意のもとに、2012年にはグローバル都市調査で56位であったものを2050年までには10位圏内に入ることを目標として定めた。

劉正福(ユ・ジョンボク)仁川広域市長は「仁川は大韓民国の歴史を作った所であると同時に、未来に飛躍する出発点であり、大韓民国において外国人がまず最初に足を踏み入れる都市」であり、「グローバル都市として継続的に成長するよう仁川が主導する時代を切り開いて行く」と語った。

仁川はEIU*から「成長の可能性が大きな都市」の第2位に選定された事があり、世界最大の都市・国家比較統計サイトNumbeoが実施した2016
世界の犯罪及び安全度調査で東京(2位)、ソウル(3位)を抜いて一番安全な都市に選定された。黄海を囲む中心である地政学的な位置を考慮してみると国際的にも非常に重要な都市であり、これから仁川の役割はさらに大きくなると予測される。

*EIU :イギリス時事週刊誌エコノミストの研究機関であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)

Contacts

Incheon Metropolitan City
Yuree Choi, 82-32-440-3092
yuree@korea.kr

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 8:00 PM
10月 182016
 

東京がパリを抜き、初めて3位に上昇

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)
— 一般財団法人森記念財団都市戦略研究所(所長:竹中平蔵)が、2008年より調査・発表している「世界の都市総合力ランキング(Global
Power City Index,
GPCI)」の2016年の結果がまとまりましたので、報告いたします。本ランキングは、世界の主要42都市を対象に、都市の力を表す様々な分野を総合的に評価した日本初のランキングであり、国や東京都の政策評価指標としても広く活用されています。


8年連続4位の東京が、3位へ
東京は、2008年の調査開始以来初めて順位が変動し、パリを抜いて3位となった。スコアを伸ばした主な要因は、海外からの訪問者数の増加(「文化・交流」)、為替変動(円安)などによる米ドルベースでの物価水準や住宅平均賃料の下落(「居住」)羽田空港の国際化(「交通・アクセス」)などである。また、強みである「経済」では、依然として42都市中トップを維持している。

上位2都市は変動なし、パリは4位に
1位のロンドンは、「文化・交流」における圧倒的な強みなどにより、2位以下を大きく引き離して5年連続の1位となった。2位のニューヨークは、「研究・開発」においてトップを堅持しているが、全体的に大きなスコア変動は見られなかった。パリは昨年11月の同時多発テロなどの影響もあり、海外からの訪問者数などが減少、「文化・交流」などでスコアを落とし4位となった。

アジアではシンガポールは横ばい、上海は上昇
急成長を続けていたシンガポールは、順位は維持したもののスコアを落とした。GDP成長率の落ち込み、従業者数の減少など、「経済」において停滞の兆しが見られる。一方、上海はすべての分野においてスコアを上げ、昨年の17位から12位へ大きく躍進した。

GPCI2016の結果を受けて

竹中平蔵 東洋大学 教授/慶應義塾大学 名誉教授/森記念財団都市戦略研究所 所長
2008年に「世界の都市総合力ランキング(GPCI)」を発表して以降、4位を維持し続けてきた東京が遂に3位となった。これは、明らかに良いシグナルである。今回の結果は、国家戦略特区などによる種々の改革の効果が出てきたと言える一方で、アベノミクスを背景としたマクロ経済効果(円安など)の影響に依るところも大きい。世界3位という結果を決定的なものとし、東京オリンピックに向けて更なる高みを目指していくためには、今以上の規制改革が求められる。東京都における28の国家戦略特区プロジェクトをはじめとした民間主導の好循環へと繋げていくための東京の挑戦は、今まさに始まったばかりである。

市川宏雄 明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科長・教授/森記念財団 理事
森記念財団都市戦略研究所が2008年に「世界の都市総合力ランキング(GPCI)」を発表してから今年で9年目になる。トップ4都市の顔ぶれは2008年以降変わっていないが、今年は東京が遂にパリを抜き3位となった。2020年の東京オリンピック・パラリンピックが開催されることで世界からの注目を浴びるとともに、東京の都心での再開発が加速している。虎ノ門を初めとして、品川、渋谷、さらには東京駅周辺で今後、一層の大規模プロジェクトが次々と竣工を迎える。さらに、インバウンド施策の取り組み、国際空港の発着枠拡大等の政策の推進により、今後、都市力の一層の向上につながると予想される。ロンドンは依然として首位を独走しているものの、イギリスのEU離脱問題(Brexit)が今後、ロンドンの都市力にどのような影響を及ぼすのかが不明である。東京は弱みを克服する政策を実施することで、トップを狙えるところまで来ている。

東京都知事をはじめ、ロンドン市長、ソウル市長、アムステルダム市長及びグローバル企業の経営者、世界的な美術館の館長からもGPCI2016へのコメントを頂戴しています。詳しくは森記念財団ホームページをご覧ください。http://www.mori-m-foundation.or.jp/ius/gpci/index.shtml#comments2

世界の都市総合力ランキング(Global Power City Index, GPCI)とは
地球規模で展開される都市間競争下において、より魅力的でクリエイティブな人々や企業を世界中から惹きつける、いわば都市の“磁力”こそが
「都市の総合力」であるとの観点に立ち、世界の主要42都市の総合力を評価し、順位付けしたランキングです。森記念財団都市戦略研究所は、2008年に初めてGPCIを発表して以来、毎年新たな調査をもとに、そのランキングを更新してきました。現在では、代表的な都市指標の一つとして高い評価を得ており、世界のさまざまな場所で政策・ビジネス戦略の参考資料として用いられています。この調査結果により、世界の諸都市が持つ魅力や課題を再認識いただき、都市政策や企業戦略の立案に役立てていただきたいと考えております。
※2016年より2都市追加

世界の都市総合力ランキング YEARBOOK2016
(2017年1月発売予定)
構成:全1巻構成(A4版約360ページ)+CD-ROM
言語:日本語・英語
購入方法:Amazon.co.jp、森記念財団(直販/WEB)
価格:14,000円+税(予定)

Contacts

本件に関するお問合せ
一般財団法人森記念財団 都市戦略研究所
担当:伊藤 佳菜、磯ヶ谷 遥子、大和 則夫
TEL:
03-6406-6800
FAX: 03-3578-7051
Email: info@mori-m-foundation.or.jp

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 4:00 PM

ブリティッシュエアウェイズとカタール航空、業務提携

 カタール航空, ブリティッシュエアウェイズ  ブリティッシュエアウェイズとカタール航空、業務提携 はコメントを受け付けていません。
9月 292016
 

ブリティッシュエアウェイズとカタール航空は業務提携をすることを明らかにした。 コードシェアや利益分配などで協力する。 10月30日から開始する。

 Posted by at 9:34 PM
9月 212016
 

ボストン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) —
世界的な大手グロース・プライベート・エクイティ投資会社のTAアソシエーツは本日、航空会社の予約・販売・マーチャンダイジングのための旅行販売および旅客サービス・システム・ソフトウエアの業界リーダーであるラディックス・インターナショナル・インクへの大規模な投資を完了したと発表しました。取引の金銭的条件は公開されていません。

ラディックスは、商品やサービスの拡販による航空会社の収益性の向上と生産性の最大化を支援するために設計された旅客サービス・システム(PSS)を、クラウドを利用したサービスとしてのソフトウエア(SaaS)として提供しています。ラディックスの製品群は柔軟で近代的な技術を採用しており、これにより、航空会社はオンライン、コールセンター経由、空港などのあらゆる接点ならびに直接販売、旅行代理店やツアー会社経由、世界的な販売システムを含むさまざまな経路を通じて、発券済みの乗客に対する販売活動を行うことができます。ラディックスのソリューションは、運賃規則や価格のダイナミックな設定、在庫の販売、空港での付随商品販売、乗客のチェックインの管理、多種多様な通貨によるほぼすべての方法および種類の決済処理など、様々なことを可能にします。さらにラディックスは、航空会社に効果的なロイヤルティー・プログラムを提供するために設計された独自のウェブを通じたマイレージサービス商品を手掛けています。ラディックスは6つの大陸の20カ国以上の国で40社を超える顧客にサービスを提供しています。1993年に設立されたラディックスはフロリダ州オーランドに本社を置いています。

TAアソシエーツのプリンシパルで、ラディックスの取締役に就任するエリザベス・デ・サンテニャンは、次のように述べています。「ラディックスはPSS市場で非常に強固な基盤を築いており、特に途上国において力強いモメンタムを維持しています。ラディックスは、顧客に応じて調整可能な近代的で柔軟かつ拡張性のあるプラットフォームを提供しており、中小の格安航空会社から総合的なサービスを提供する大手航空会社まで、あらゆる規模の航空会社の複雑な技術的ニーズに対応しています。ラディックスに対する自己資金による投資を完了し、同社の一段の成長を支援するために当社の資源を活用することができ、大変うれしく思います。」

ラディックス・インターナショナル・インクのロン・ペリ最高経営責任者(CEO)兼会長は、次のように述べています。「TAアソシエーツのような経験豊富な企業による投資はラディックスの発展における重要な節目であり、これまでの当社の成功だけでなく、一段の大幅な成長期待を表しています。当社の柔軟でダイナミックなPSSエンタープライズ・ソリューションは、レガシー・システムに対する際立った競争優位性をもたらすと考えており、引き続き革新的な航空会社にとって極めて魅力的なソリューションになると確信しています。当社にとって初の機関投資家となるTAを歓迎するとともに、ラディックスの付加価値を大きく高めるために緊密に連携していくことを楽しみにしています。」

テックナビオによると、世界の格安航空会社市場は今後も急速な拡大を続ける見込みで、2015年から2019年までの年平均成長率(CAGR)は10.4%と予想されています。地域別では、この間のアジア太平洋地域のCAGRは20%、米州は5%、欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域は0.9%と予測されています。航空会社の座席数に基づく市場の輸送能力は、2014年の149万6000席から2019年には245万6000席に増加する見込みです。

TAアソシエーツのマネジングディレクターで、同じくラディックスの取締役に就任するカート・R・ジャガーズは、次のように述べています。「世界的な業界規制の緩和とそれに伴う運賃の低下は、先進国および途上国における航空旅客の急速な伸びに不可欠なものとなっており、従来はあまり重視されてこなかった層に空の旅へのアクセスを提供しています。ラディックスは近代的な技術を生かしてあらゆる規模の航空会社にサービスを提供しており、通常の発券による航空券販売やチケットレス販売を可能にし、航空会社が収益性の高いビジネスモデルを維持できるようにしています。ラディックスは強固な市場基盤を有しており、空の旅の急成長による恩恵を今後も享受し続けるものと確信しています。」

グッドウィンがTAアソシエーツに法律助言サービスを提供しました。セイファース・ショーがラディックスの法律顧問を務めました。

ラディックス・インターナショナルについて

フロリダ州オーランドに本社を置くラディックス・インターナショナルは現在、クラウドを利用した第5世代の旅客サービス・システムを提供しています。当初から航空会社があらゆるものを販売するための販売プラットフォームとして設計してきたラディックス・インターナショナルは、次世代の航空会社向け販売ソリューションを提供する大手企業です。ラディックス・エアーは、乗り継ぎ輸送サポート、コード共有、GDSを通じた販売を含め、複合型、低コスト方式、従来型の航空会社のニーズに対応する完全な企業向けシステムです。1993年に設立され、現在6大陸の航空会社が利用するラディックスのクラウドを利用した完全に統合的なソリューションは、あらゆる航空会社のビジネスモデルをサポートしています。詳細については、www.radixx.comをご覧ください。

TA アソシエーツについて

TAアソシエーツは、グロースキャピタルを手掛けるプライベートエクイティ投資会社としては最大の規模と経験を有する企業の1つです。世界各地の460社以上に投資を行い、240億ドル以上の資金を調達しています。ボストン、メンローパーク、ロンドン、ムンバイ、香港にオフィスを構え、消費者関連、ビジネスサービス、金融サービス、ヘルスケア、テクノロジー業界における収益性の高い成長企業のバイアウトおよび少数持ち分の資本再編をリードしています。TAアソシエーツの詳細は、www.ta.comでご覧いただけます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

TA Associates
Marcia O’Carroll, 617-574-6796
mocarroll@ta.com
または
BackBay
Communications
Philip Nunes, 617-391-0792
phil.nunes@backbaycommunications.com

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 12:35 AM

ノルウェー・エアシャトル、アメリカ線増加

 ノルウェー・エアシャトル  ノルウェー・エアシャトル、アメリカ線増加 はコメントを受け付けていません。
9月 092016
 

ノルウェー・エアシャトルは2017年6月からバルセロナとアメリカの4都市を結ぶ路線を就航することを明らかにした。 ロサンゼルス、ニューアーク、オークランド、フォートローダーデール。

 Posted by at 10:11 PM

ベトナム航空、A350-900購入

 ベトナム航空  ベトナム航空、A350-900購入 はコメントを受け付けていません。
9月 082016
 

ベトナム航空は10機のA350-900を購入することを明らかにした。総額は30億8000万米ドル。

 Posted by at 10:11 PM

カンタス航空、パース-ロンドン線の直行便就航か?

 カンタス航空  カンタス航空、パース-ロンドン線の直行便就航か? はコメントを受け付けていません。
8月 152016
 

カンタス航空は早くて来年にもパース-ロンドン線をノンストップで就航する可能性があるという。 機材は787−9で、オーストラリアとヨーロッパを結ぶノンストップ便としては初となる。

 Posted by at 9:34 PM