2月 242017
 

アラブ首長国連邦ドバイ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) —
初年度に顧客に配慮した設計と一流の小売店舗と食事・飲料を1660万人以上の旅客が享受して成功を収めたコンコースDが、2月24日に1周年を迎えました。


78億ドルの戦略計画2020プログラムの一環としてドバイ国際空港(DXB)に構築されるインフラの最後の主要部分として、2016年2月24日に営業が開始されたコンコースDは、当空港にとってタイムリーな追加となりました。この12億ドルの施設は、DXBのターミナル1で運航する世界の航空会社60社の拠点となり、世界90都市への窓口となっています。この施設により、空港の年間旅客受け入れ能力は7500万人から9000万人に増加しました。

ドバイ空港会社会長・ドバイ民間航空局局長・エミレーツ・グループ会長兼最高経営責任者(CEO)のシェイク・アーメド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム殿下は、次のように述べています。「コンコースDは、お客さまの進化するニーズや期待に沿って構築された入念に設計され綿密に計画されたプロジェクトの成果です。お客さまとは、当空港を日々通過する数十万人の旅客の皆さまです。初年度の営業が成功を収め、コンコースDが旅客の皆さまと私たちのビジネスパートナーを喜ばせるという目標を達成したことは明らかです。」

営業初年度に、コンコースDは顧客サービスに新たな高みを設定する中で、11万5118便と推計1668万6272人*の旅客を迎えました。コンコースDは、統合的な環境を設計・実現するドバイ空港会社の商業戦略を例示しており、ウォークスルーの小売店舗、食事とおもてなしの隣接コンセプト、快適な中央アトリウム、世界最高の空港Wi-Fiへの投資を特色としています。また、ここはドバイ空港会社の特別イベントを行う場所でもあります。これまでに、懸賞プレゼント、特別割引、双方向ゲームで旅客の皆さまに驚きと楽しみを届けようと、数々のmusicDXBパフォーマンスやハングアウトDXBイベントを実施してきました。

この新しいコンコースでは、6926平方メートルに及ぶ9つのラウンジでワンランク上のラウンジ経験を提供し、有名シェフのウルフギャング・パック氏のザ・キッチンや中東の空港に初出店のプレタ・マンジェなど、あらゆる好みや予算に応える3600平方メートルを超す食事・飲料の選択肢はお客さまの期待を上回るものとなっています。

*2017年1月と2月の数字は、コンコースDの平均月間数値に基づいています。

*配信元:ME
NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Dubai Airports
Lorne Riley +971-50-156-2308
Lorne.riley@dubaiairports.ae

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 7:27 PM
1月 262017
 

2016年末時点で利用旅客数8360万人を記録

アラブ首長国連邦ドバイ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ドバイ国際空港(DXB)を運営するドバイ空港会社が本日発表した年間運航報告書によると、DXBは2016年の年間国際線利用旅客数8360万人を記録し、同年も国際線利用旅客数で世界トップの地位を維持しました。

2016年におけるDXBの年間利用旅客数は計8365万4250人で、2015年の7801万4838人から7.2%の増加となりました。休暇シーズンの旅行者急増を受けて、12月の月間利用旅客数は770万6351人で、2015年12月の705万3243人から9.3%の増加となりました。

2016年には、ネパール航空やロシア航空といった航空会社が新たにDXBから就航し、またフライドバイ航空やエミレーツ航空などの航路拡大により就航先が11カ所増えました。

ドバイからの利用旅客数が最も多い渡航先は引き続きインドで、2016年の利用旅客数は1144万215人で、2015年の1039万1376人から10.1%の増加となりました。2番目に多い渡航先はサウジアラビアで、利用旅客数は608万6158人(前年比11.3%増)、僅差でそれに続く英国は利用旅客数606万1342人(前年比6.7%増)でした。都市別で見るとロンドンが第1位で375万1596人、第2位がドーハで299万9762人、第3位がムンバイで235万7103人の利用旅客数を記録しました。

DXBはフライトあたりの平均乗客数でも世界第1位となっており、2016年には209人に達し、前年同期比4%増となりました。

2016年の航空機発着回数は41万8220回で、2015年の40万6705回から2.8%の増加となりました。

2016年の総貨物量は259万2454トンで、2015年の250万6092トンから3.4%の増加となりました。

ドバイ空港会社のポール・グリフィス最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「DXBは、2014年に国際線利用旅客数で世界第1位の空港となって以来、現在も堅実に同分野トップの地位を維持しています。2017年には利用旅客数8900万人に達すると見込まれるDXBは、全利用旅客数でも上位のアトランタと北京に迫る勢いです。2017年以降は、お客様がよりいっそう気持ちよく利用できる親しみやすく快適な空港となることに注力していきます。『DXBプラス』プログラムでさまざまな独自の仕組みを導入し、利用者数が最多であるだけでなく最高の国際空港と呼ばれるようになることを目指します。」

詳細報告と12月のデータはこちら

*配信元:ME
NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Dubai Airports
Ali Zaigham, +971-4-504-5721
Ali.Zaigham@dubaiairports.ae

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 4:12 AM
1月 242017
 

米フロリダ州コーラルゲーブルズ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 航空機、エンジン、OEM(相手先商標製品製造企業)製(中古品)の修理可能な部材を供給する世界的企業のAerSale®は本日、チャールズ・マクドナルドがMROサービス担当シニアバイスプレジデントとして入社したと発表しました。マクドナルドは今後、AerSaleのニューメキシコ州ロズウェルのMRO施設に加え、当社が最近買収したアリゾナ州グッドイヤーのMRO施設を統括します。

AerSaleのIso
Nezaj最高技術責任者(CTO)は、次のように述べています。「マクドナルドは、短期・長期の事業目標の達成に向けて革新的なソリューションを実施しながら、複雑な問題を業務の成功に切り替えて見せる実証済みの能力を当社にもたらします。私たちは今後、多面的な業務の管理、堅調な業績の実現、チームのやる気の向上、質の高い顧客サービスを提供しつつ安全で効率的な実績を確保する効率的なプロセスの実施において、マクドナルドの専門力を頼りにします。」

マクドナルドは、30年以上にわたる航空業界での経験を持ち寄ってくれますが、これまで進歩的な最高責任者レベルおよび上級管理職の役職に加え、戦略的指導と業績最適化を含む幅広い職務を経験してきました。全米航空輸送事業者協会の理事やワールド・エアウェイズとノースアメリカン航空の取締役を経験し、FAA認定のA/Pメカニックであり、米国陸軍の退役軍人でもあります。

AerSaleは、米国で3カ所のMRO施設を所有・運営しています。ニューメキシコ州のロズウェル・エアクラフト・オペレーションズ・センターおよびエアロ・メカニカル・インダストリーズ(AMI)と、最近加わったアリゾナ州グッドイヤーの26万2000平方フィートに及ぶクラス4のMRO施設です。これらの施設により、AerSaleは製品とサービスの戦略的統合を通じて価値抽出を最大化するシングルソースソリューションとして位置付けられます。AerSaleのMRO業務は全体で、下記を包含するものとなります。

• 10ベイ(広胴機用4ベイと狭胴機用6ベイ)で計55万平方フィート

• 650機以上の航空機保管能力

• 1万7000平方フィートのエンジン整備・解体施設

• 10万平方フィートの航空機部品修理施設と隣接する作業センター5施設

•機体・エンジン工学、技術、管理サポートに携わる熱心なスタッフ200人以上

• ロズウェルの1万3000フィートの滑走路とグッドイヤーの8500フィートの滑走路

世界的な航空リーダーのAerSaleは、旅客・貨物航空会社、リース組織、政府機関、多国籍OEM、独立系MROに修理市場用の商用航空機、エンジン、OEM製(中古品)の修理可能な部材を供給しています。AerSaleは、耐用年数を経た航空機やエンジンのポートフォリオの所有者に資産管理サービスも提供しています。フロリダ州コーラルゲーブルズに本社を置くAerSaleは、米国・欧州・アジアで営業所と業務を維持しています。

詳細については、当社のウェブサイト(www.aersale.com)をご覧になるか、電話(305-764-3200)または電子メール(media.relations@aersale.com)でAerSale
Media Relationsまでお問い合わせください。

下記で当社をフォローしてください。

リンクトイン
| ツイッター
| フェイスブック
| インスタグラム

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20170118005918/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

AerSale
Lyndelle Nieuwkerk, 305-764-3200
media.relations@aersale.com

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 5:13 AM
1月 182017
 

ヘルシンキ–(BUSINESS WIRE)—- (ビジネスワイヤ) —
GAテレシス・エンジン・サービシズ(GATES)は、中国民用航空局(CAAC)から認定を受けました。CAACから認定を受けたことで、GATESはCFM56-5B/7BおよびCF6-80C2Bエンジンの主要MRO市場に参入し、中国で顧客層を開発・拡大できるようになります。GATESは既に、欧州航空安全局(EASA)、米連邦航空局(FAA)、カナダ運輸省民間航空局(TCCA)、サウジアラビア民間航空総局(GACA)から認定を受けています。

GATESのBasil
Papayoti社長は、次のように述べています。「過去2年間に、GAテレシスの多くのお客さまからエンジン整備のニーズに応えてほしいとの要望をいただきました。今回の画期的な認定により、中国で稼働している数千基のCFM56エンジンとCF6-80C2エンジンへの扉が開かれました。」

GAテレシス社長兼最高経営責任者(CEO)でGAイノベーション・チャイナ会長のAbdol
Moaberyは、次のように述べています。「3年前、当社は中国国際航空との間で画期的な契約を締結しました。この契約は、GAICの合弁企業を中国国際航空と共に設立することで中国本土の航空会社のニーズに応える当社の取り組みを示しています。今回の認定は、中国の航空会社に統合的なサービスソリューションを提供する当社の取り組みをさらに証明するものです。」

GAテレシスについて

GAテレシスは、統合的な航空ソリューションを提供する世界的企業として、航空宇宙産業にサービスを提供しています。当社は、金融資産構築の専門知識と部品サプライチェーン・ソリューション、ジェットエンジン、航空機システム、エアロストラクチャーズMROサービスを統合する特別注文の多面的ソリューションを創造することで、お客さまが高水準のパフォーマンスを達成できるよう支援しています。

GAテレシス・エンジン・サービシズ(GATES)について

GAテレシス・エンジン・サービシズは、ヘルシンキのヴァンター空港を拠点とするFAA/EASA/GACA/CAAC認定施設で、エアバスA320ファミリー、ボーイング737NGファミリー、767-300ER型、747-400型の航空機用のCFMインターナショナル、CFM56-5B、CFM56-7B、ゼネラル・エレクトリック製CF6-80C2Bのジェットエンジンの修理・整備を専門としています。GATESは、最大10万ポンドの推力が可能な統合的テストセルを備え、年間最大200基のジェットエンジンを整備する能力を持っています。GATESゴー・チームも、航空機に搭載されたエンジンの遠隔修理を行う認可をEASAから受けている少数の企業の1つです。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170116005517/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

 

Contacts

GA Telesis, LLC
Cathy Moabery, 954-676-3111
cmoabery@gatelesis.com

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 9:14 PM
1月 182017
 

~ミッドストリーム市場における制御事業の拡大に弾み~

東京–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島
剛志)の子会社であるヨコガワ・ユナイテッド・キングダム(本社:英国チェシャー州
社長:ヘルマン・ファン・デン・ベルク)は、英国における石油・ガスパイプラインの大手運営会社であるBritish Pipeline Agency
Limited(ブリティッシュ・パイプライン・エージェンシー
以下BPA)から、同社が所有運営する大規模な石油パイプライン設備向け管理・制御システムの更新プロジェクトを受注しましたのでお知らせします。

今回のプロジェクトは、英国北西部チェシャー州エルズミア港から同国南東部エセックス州東岸およびロンドンの主要空港へ石油製品を輸送するパイプライン設備の管理システムと制御システムを更新するものです。このパイプラインは、総敷設距離が約650kmに及ぶ同国の重要なインフラ設備です。


YOKOGAWAが納入する主な製品は、石油製品の配送スケジュール管理やタンク内の在庫管理などを行うパイプライン管理ソリューションパッケージ「Enterprise
Pipeline Management Solution (エンタープライズ・パイプライン・マネジメント・ソリューション
以下EPMS)」と、石油パイプラインやポンプなどの装置を監視制御するSCADAソフトウエア「FAST/TOOLS(ファースト/ツールズ)」です。EPMSは、石油・ガスパイプラインの操業に必要な管理機能をもつパッケージソリューションで、監視制御を行うSCADAシステムの情報も統合して管理できます。

システムのエンジニアリング、納入、および試運転を含むプロジェクト全体の遂行は、ヨコガワ・ユナイテッド・キングダムが行い、石油・ガスパイプライン向けプロジェクトの経験が豊富なヨコガワ・ヨーロッパ・ソリューションズB.V.(本社:オランダ)がプロジェクトをサポートします。製品は、2018年3月までに納入する予定です。

YOKOGAWAは、中期経営計画「Transformation
2017」で、制御事業の基本戦略としてエネルギーサプライチェーン全体における制御事業の拡大を掲げています。今回の受注を機に、ミッドストリーム市場に相当する石油・ガスパイプラインの操業を最適化するソリューションを積極的に提案し、制御事業の拡大に努めます。

※ SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)システム: 監視、制御を行うシステムの一種

Contacts

●本プレスリリースに関するお問い合わせ先:
横河電機株式会社
マーケティングコミュニケーション部 広報課
Yokogawa-pr@cs.jp.yokogawa.com

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 11:00 AM

ユナイテッド航空、第4期は利益減

 ユナイテッド航空  ユナイテッド航空、第4期は利益減 はコメントを受け付けていません。
1月 172017
 

ユナイテッド航空は2016年12月までの経営収支を明らかにした。 純益は2015年同時期の52パーセント減の3億9700万米ドルとなった。

 Posted by at 9:48 PM
1月 132017
 

大阪–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) —
パナソニック株式会社は2017年1月中旬より、自律搬送ロボット「HOSPI(ホスピ)(R)」の実証実験を、成田国際空港株式会社、ANAクラウンプラザホテル成田の協力のもと実施します。


「HOSPI(R)」は、人の代わりに搬送作業を行うロボットです。あらかじめ記憶させた地図情報に基づき、高性能センサと高度な障害物回避アルゴリズムにより、移動環境を認識しながら走行するため、歩行者や障害物に接触することなく、安全かつ効率的にさまざまな物を搬送することができます。また、従来の搬送設備のように壁や天井への機器埋め込みや通路へのガイドテープの施工が不要なため、搬送の目的地や施設のレイアウト変更も容易かつ低コストで行うことができます。このような特長が認められ、すでに国内外4カ所の病院で薬剤や検体の搬送などに利用されています。

今回は、空港内のラウンジでの食事後の下げ膳や、ホテルロビーでのドリンクサービスの実証実験を行います。この実験を通し、「HOSPI(R)」の搬送サービス拡大に向けた実用性を検証するとともに、今後の商品化に向けた開発を加速していきます。

▼[動画] 自律移動ロボット「HOSPI(R)」ホテル・空港での実証実験開始
http://channel.panasonic.com/jp/contents/19802/
https://www.youtube.com/watch?v=rA6IIf9Vy8Y

実証実験の概要は以下の通りです。

1. ドリンクサービス実証実験
実施期間:2017年1月14日(土)~18日(水)
対象エリア:ANAクラウンプラザホテル成田
1階ロビー
検証内容:ロビーを巡回し、お客様へペットボトルのドリンクを配布する。またバスの発車案内を行う。

2. 下げ膳実証実験
実施期間:2017年1月23日(月)~27日(金)
対象エリア:成田国際空港内 「ナリタ
トラベラウンジ」
検証内容:お客様の食事後の食器をカウンターまで搬送する。

※ 2017年1月12日時点では、成田国際空港、ANAクラウンプラザホテル成田での「HOSPI(R)」の導入の予定はありません。

パナソニックは、今後も生活支援ロボットによる安全・安心で便利な社会の実現に貢献していきます。

Contacts

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社
生産技術本部 企画センター 企画部
担当:土屋
TEL:06-6905-4530

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 4:19 PM

イランエアー、エアバス機購入

 イランエアー  イランエアー、エアバス機購入 はコメントを受け付けていません。
12月 232016
 

イランエアーはA320を46機、A330を38機、A350を16機購入することを明らかにした。 総額は180億米ドル。

 Posted by at 10:22 PM

ブリティッシュエアウェイズ、クリスマス期間のストは回避

 ブリティッシュエアウェイズ  ブリティッシュエアウェイズ、クリスマス期間のストは回避 はコメントを受け付けていません。
12月 222016
 

ブリティッシュエアウェイズの客室乗務員らは会社から新たな労働条件の提示を受けたため、ストライキを中止することを明らかにした。 新たに投票を行い、受け入れるかを決定する。

 Posted by at 8:10 PM

ブリティッシュエアウェイズの客室乗務員、ストへ

 未分類  ブリティッシュエアウェイズの客室乗務員、ストへ はコメントを受け付けていません。
12月 192016
 

ブリティッシュエアウェイズの客室乗務員2500人が加盟する組合は、会社から提示された労働条件に反対しストライキを早ければ12月21日から行うことを明らかにした。

 Posted by at 9:17 AM