厦門航空、787購入

 厦門航空  厦門航空、787購入 はコメントを受け付けていません。
7月 292016
 

厦門航空は787−9を6機購入することを明らかにした。 総額は14億米ドルで2016年から2018年までに受領予定。

 Posted by at 10:36 AM

ヴァージンオーストラリア、損失拡大

 ヴァージンオーストラリア  ヴァージンオーストラリア、損失拡大 はコメントを受け付けていません。
7月 282016
 

ヴァージンオーストラリアは6月末までの1年間の経営収支を明らかにした。 純損失は1億6900万米ドルとなり、損失が広がった。

 Posted by at 9:38 PM

マレーシア航空、737MAX購入

 マレーシア航空  マレーシア航空、737MAX購入 はコメントを受け付けていません。
7月 282016
 

マレーシア航空は737MAX 8を25機購入することを明らかにした。 総額は55億米ドル。

 Posted by at 9:36 PM
7月 282016
 

米ミネソタ州イーデンプレーリー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界的リーダーのであるCHロビンソンは、インバウンド・ロジスティクス誌の読者から6年連続で3PL最優秀企業に選ばれました。

CHロビンソンのジョン・ウィーホフ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社の従業員は、競争優位性のあるサプライチェーンを構築するためのソリューションやサービスをお客さま様、契約運送会社、サプライヤー、生産者に提供すべく努力しています。今回の名誉は、お客さま様がより賢く楽に働けるよう支援する上でCHロビンソンがいかに考えるかを日々実証する当社の世界中の1万3000人を超す従業員のものです。⇒
CHロビンソンがいかにお客様の業務効率化に貢献するかを日々考え実行している当社の全世界1万3000人を超す従業員に与えられたものです。」

CHロビンソンは毎日日々、世界のサプライチェーンの改善に向けて、人材、プロセス、技術を活用することで、世界貿易を加速推進しています。今回の賞は、当社が最近受賞した顧客、業界、職場に関する賞とともに、CHロビンソンが11万社以上のお客さま様と6万8000社以上の契約運送会社に提供している顧客サービスと技術革新を証明していますによる実績を評価されたものです。成功の鍵は、積極的になコミュニケーションをとり、問題を解決し、そして常に変化する市場状況し続けるマーケットで生じる課題に積極的に対処すること率先して取り組むことです。

インバウンド・ロジスティクスは1998年より、物流業界の専門家が3PLとその事業改善効果を評価する機会として、読者が選ぶ3PL最優秀企業賞トップ10を毎年実施しています。この制度が導入されて以来、CHロビンソンは毎年リストに名を連ねています。

インバウンド・ロジスティクスのフェリシア・ストラットン編集長は、次のように述べています。「2016年3PL最優秀企業賞トップ10の投票でインバウンド・ロジスティクスの読者が投じた票数による投票数は、インバウンド・ロジスティクスが1998年にこのプログラム賞をスタートし始めてて以来、最多となりました。全米とのみならず世界中の読者が3PL最優秀企業に投票し、今年の競争は非常に激しいものでした競争となりましたが、。インバウンド・ロジスティクスの読者は、6年連続でCHロビンソンを3PL最優秀企業に選びましたCHロビンソンは6年連続でインバウンド・ロジスティクスの読者から3PL最優秀企業に選ばれました。これは、いかなる基準からしても類まれなる素晴らしい成果結果です。」

CHロビンソンについて

CHロビンソンでは、世界貿易を加速して推進し、製品・物品のシームレスな配送を実現することが世界経済を推進する発展させると信じています。当社の知識豊富な従業員、実績あるプロセス、世界的な高水準な技術の強みを活用して、私たちはお客さま様がより賢く楽に働けるようの業務をより効率化できるよう支援しています。世界最大級のサードパーティー・ロジスティクス(3PL)事業者である当社は、280カ所のオフィスと1万3000人以上の従業員から成る統合ネットワークを通じて、11万社以上のお客さま様と6万8000社以上の契約運送会社に広範な囲にわたる物流サービス
、新鮮な農産物の調達、マネージドサービスおよび管理業務を提供しています。加えて、当社、当社の財団、従業員は、毎年さまざまな組織に数百万ドルを寄附しています。ミネソタ州イーデンプレーリーに本社を置くCHロビンソン(CHRW)は、1997年からNASDAQに上場しています。詳細については、http://www.chrobinson.comまたは当社の動画をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

C.H. Robinson
Nichole Axtman, 952-683-3977
Communication
Specialist
nichole.axtman@chrobinson.com

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 12:27 AM

アメリカン航空、第2期は利益減

 アメリカン航空  アメリカン航空、第2期は利益減 はコメントを受け付けていません。
7月 252016
 

アメリカン航空は第2期の経営収支を明らかにした。 純益は昨年同時期と比較し44パーセント減となり、9億5000万米ドルとなった。

 Posted by at 8:46 PM
7月 202016
 

航空輸送が2880万人の雇用をもたらし、アジア太平洋地域のGDPに6260億ドル貢献

ニューヨーク–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) —
航空産業は現代のグローバル化した世界の生命線であり、何百万人もの雇用を創出し、経済成長を支えています。しかし、航空輸送分野が人の移動や通商における貨物輸送の手段、および旅行業における交通機関として、また持続可能な発展の推進役としてその能力を発揮しようとするならば、政府からの適切な支援により接続性による利益を保護する必要があります。航空輸送アクショングループ(ATAG)による新しい報告書「Aviation:
Benefits Beyond Borders(航空産業:国境を越えて広がるメリット)」では、こうした結論が述べられています。

世界全体で、航空産業は世界の6270万人以上の雇用とGDP2兆7000億ドルを支えています。航空輸送は多大な経済的利点を提供するだけでなく、人々が教育を受ける目的や文化的な交流のためにさらに広い範囲を移動できるようにすることで、世界各地の人々とコミュニティーの社会的発展においても重要な役割を担っています。特にアジア太平洋地域全体で、航空輸送は2880万人の雇用と地域のGDP6260億ドルに貢献しています。

予測では今後20年間で、航空産業関連の雇用は世界全体で9900万人以上に、GDPは5兆9000億ドルに増加すると示されています。アジア太平洋地域は世界の交通の最も高い割合(33%)を占めます。また域内の航空産業は今後20年間に年5.1%の堅調な成長を遂げることが見込まれています。空域管理の近代化や、成長に悪影響を及ぼす航空交通の過密化の低減において政府の支援が必要ではあるものの、2015年にASEAN地域の航空輸送市場の自由化が合意されたことで、さらなる成長の可能性が高まっています。

ATAGのエグゼクティブディレクターのマイケル・ギルは、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の採用は、世界のコミュニティーが2030年までの達成を目指して努力しなくてはならない数々の目標を明確にすると述べています。「航空輸送は、働きがいのある人間らしい仕事や経済成長、質の高い教育、不平等の撤廃など、17の持続可能な開発目標のうち14の目標を、何らかの形で支えていることが明らかになりました。持続可能な方法で成長を続けることで、航空産業は今後も長年にわたり、社会的な善を促進する力となることができます。」

「持続可能な発展に向けた取り組みの中で特に重要なものは、航空業界の世界をリードする気候変動に対する行動計画です。世界各国の政府に対し、来る国際民間航空機関(ICAO)会議で行動計画の主要部分に賛同していただけるよう支援を求めます。会議では、航空輸送に関する世界的なカーボン・オフセット制度について合意の達成を目指します。これは、世界規模の発展を支える上で、航空業界が将来的に果たす役割に大きな影響を持つ部分です。」

さらに

アジア太平洋航空協会(AAPA)のアンドリュー・ハードマン事務局長は、次のように述べています。「アジア太平洋地域ほど、航空産業が経済と社会の発展の推進力となっている地域は他にありません。そのため私たちは、持続可能な将来の成長の実現を目指して努力を重ねています。政府は、航空輸送と旅行業の需要増予測に見合う航空関連のインフラ整備に対して、安定した政策枠組みを提供し必要な投資を計画する上で、重要な役割を担っています。こうした需要増はさらなる収入拡大と雇用創出を刺激し、域内の統合と世界規模の接続性を強化するでしょう。」

国際空港評議会(ACI)アジア太平洋のパティ・チャウ地域ディレクターは、次のように述べています。「航空業界の空港分野は業界の持続可能な発展について、他の分野と同じビジョンを共有しています。空港は主要なインフラであり、旅客と貨物の輸送を可能にし、経済発展を促進します。接続性の向上は、各国および地域の繁栄の鍵を握るものです。ACIではアジア太平洋地域と中東地域の各国政府に、成長と持続可能性の適正なバランスを尊重しながら航空輸送の成長を支える航空政策の継続的な策定を求めます。」

民間航空管制業務実施機関協会(CANSO)のアジア太平洋担当ディレクターのハイ・エン・チャンは、次のように述べています。「世界最大の航空市場において、激増する需要に対処するための航空交通の急速な成長には、安全性、効率性、コストパフォーマンスの良い航空交通管理が求められます。CANSOメンバーは航空交通管理サービスの提供者として、航空交通のフロー管理やADS-B監視などの重要領域において、近隣地域および業界パートナーと緊密に協力しています。同様に、アジア太平洋地域諸国は協調して、『シームレスな空』という共通のビジョンに向けて国家間の障壁を取り除く重要な任務を負っています。」

報告書「Aviation: Benefits Beyond
Borders」は世界の航空産業を対象としており、地域分析および一部の国の分析を含んでいます。ダウンロードは、www.aviationbenefits.orgから行えます。

以上

注記:

  • 報告書の全文と事例研究は、www.aviationbenefits.orgからご入手いただけます。
  • このニュース配信に関心をお持ちの報道機関の方は、www.aviationbenefits.org/newswireで、業界全体の持続可能な航空関連ニュースをご覧になれます。
  • 航空輸送アクショングループは、航空輸送部門の持続可能な発展を推進する航空輸送業界全体の組織と企業の連合体です。協賛会員には、ACI、エアバス、ATR、ボーイング、ボンバルディア、CANSO、CFM、エンブラエル、ハネウェル・エアロスペース、GE、IATA、プラット・アンド・ホイットニー、ロールス・ロイス、サフランが含まれます。www.atag.org

航空輸送アクショングループ(ATAG)は、航空輸送部門の持続可能な発展を推進する航空輸送業界全体の組織と企業の連合体です。協賛会員には、ACI、エアバス、ATR、ボーイング、ボンバルディア、CANSO、CFM、エンブラエル、ハネウェル・エアロスペース、GE、IATA、プラット・アンド・ホイットニー、ロールス・ロイス、サフランが含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Air Transport Action Group
Haldane Dodd
doddh@atag.org
Twitter:
@enviroaero / @ATAG_Aviation
www.atag.org

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 8:13 PM

エア・ヨーロッパ、30日からストか?

 エア・ヨーロッパ  エア・ヨーロッパ、30日からストか? はコメントを受け付けていません。
7月 182016
 

エア・ヨーロッパのパイロットが加盟する組合が7月30日から8月2日までストライキを行う可能性を明らかにした。 労働条件の改善や機材譲渡へ反対しているという。

 Posted by at 9:13 AM

デルタ航空、第2期は利益増

 デルタ航空  デルタ航空、第2期は利益増 はコメントを受け付けていません。
7月 152016
 

デルタ航空は6月までの3ヶ月の経営収支を明らかにした。 収入は前年と比較し4パーセント増の15億5000万ドルとなった。 有償座席利用率は85.5パーセントだった。

 Posted by at 7:56 AM
7月 142016
 

州が未来の航空宇宙工場の実現に向けて、ノルスク・チタニウムのMERKE
IV™ラピッド・プラズマ・デポジション・マシンをまず20台確保するという代表的経済開発プロジェクトに最初の予算を手当て

英ファーンボロー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 航空宇宙グレードの付加製造チタン構造部品のパイオニアであるノルスク・チタニウムは本日、ニューヨーク州ニューヨーク州立工科大学の協力を得て、初回分としてノルスク・チタニウムの特許取得済みのMERKE
IV™ラピッド・プラズマ・デポジション(RPD™)マシン20台を注文したと発表しました。この注文は、ノルスク・チタニウムの米国子会社が世界初の産業規模の金属付加製造工場をニューヨークに建設・稼働する取り組みを促進する州予算の配分に沿ったものです。工場の詳細は下記の通りです。


  • 世界初のラピッド・プラズマ・デポジション工場の建設場所としてニューヨーク州プラッツバーグを選定
  • 施設は2017年末までに稼働開始
  • 初回分のMERKE IV™ RPD™マシン20台は、航空宇宙グレードのチタン構造部品の基本生産量として年間400メートルトンを確立
  • ニューヨークのプログラムは、年間最大800メートルトンを生産して航空業界からの需要増に対応できる計40台まで、MERKE IV™
    RPD™マシンの能力増強を計画
  • ニューヨーク州の投資により、ノルスク・チタニウムの初回分20台の生産が前進
  • ニューヨークは、ノルスク・チタニウムUSの産業規模のプラッツバーグ工場の計画資金としてさらに400万ドルを手当て

ノルスク・チタニウムのジョン・アンダーセン・ジュニア取締役会長は、次のように述べています。「私たちは、クオモ知事の揺るぎないビジョンと指導力に協力できることを誇りに思いつつ、ニューヨーク州北部を雇用、技術、地域社会の誇りで活性化する知事の活動を支える取り組みを前進させます。当社の研究者らが10年を費やしてラピッド・プラズマ・デポジション・プロセスを先駆的に開発し、世界一流の商用/軍用航空機において数百万ドルのコスト削減を実現する準備が整いました。他の分野で展望が示されているように、ニューヨーク州はこの製造革命のスタートに理想的な場所です。」

ノルスク・チタニウム社長兼最高経営責任者(CEO)のワレン・M・ボーレイ・ジュニアは、次のように述べています。「本日は、航空機、船舶、自動車、宇宙機、多くの工業製品の設計・製造方法を変革する新時代の幕開けの日です。私たちは、より広範なプラッツバーグの地域社会で雇用、大きな経済効果、高い認知度を生み出すだけでなく、効率と顧客対応の新たな基準を設定するオンデマンドのニアネットシェイプ製造の新たな段階をスタートさせることで歴史も作っていきます。」

ニューヨーク州立工科大学副学長のクリストファー・ウォルシュ氏は、次のように述べています。「アンドリュー・クオモ知事による州北部の航空宇宙分野に対する今回の比類のない投資により、ノルスク・チタニウムという最先端の世界的企業と、この地域を含む州の定評あるハイテク航空エコシステムがつながります。この完璧な組み合わせにより、プラッツバーグに先進的製造分野で高賃金の職が生まれ、このダイナミックな成長産業におけるニューヨークの指導力も前進します。ニューヨーク州立工科大学は、ノルスク・チタニウムと協力して、この革命的技術を市場にもたらすことで、ナノテクノロジーにより実現する州産業すべてで最先端の研究を継続して推進できることを誇りに思います。」

本契約の条件の下で、ノルスク・チタニウムUSはプラッツバーグの事業に追加投資を行います。この投資により、本事業の当初10年間のプログラムで約束する投資額は計10億ドルの水準に達すると見込まれています。ノルスク・チタニウムUSのプラッツバーグ工場に対するニューヨークの1億2500万ドルの投資は、州の2016~2017年度予算で承認され、2016年4月1日にオールバニで行われた予算演説州北部ハイライトでクオモ知事により初めて発表されました。

ノルスク・チタニウムUSは、プラッツバーグの州北部商工会議所とも協力し、従業員研修や経済開発に加えて、ニューヨーク州立大学プラッツバーグ校、地元のコミュニティーカレッジ、当地域のその他の学校での特定の教育プログラムを含むSTEMアウトリーチなど、ノルスクによる産業規模の工場の設立・成長を成功させるべく支援・促進していきます。

ノルスク・チタニウムの専有的なRPD™プロセスは、低温アルゴン環境により保護されたプラズマトーチのセットにチタンワイヤーを供給する仕組みです。これにより、開発・生産に数カ月や時には数年かかっていた従来の鍛造部品を付加製造の精密部品に置き換えることが可能になりました。当社は、機体/エンジンプログラムのコストとリードタイムの削減にRPD™を活用することに関心を持った最上位の航空宇宙メーカーや一流サプライヤーと多数の契約を締結しています。

ノルスク・チタニウムのRPD™部品は、鍛造品と同等の強度を誇りますが、安価かつ効率的に提供でき、部品コストと設計から販売までのスピードは前例がありません。

ノルスク・チタニウムは、2016年7月11~15日に開催中のファーンボロー国際航空ショー(ホール4、ブースA114)に出展し、大きな存在感を示しています。ここでは、世界最上位の航空機メーカーがチタン構造部品を製造する能力があると認めた当社の特許取得済みのMERKE
IV™ラピッド・プラズマ・デポジション・マシンのフルスケール実物大模型を展示しています。

ノルスク・チタニウムについて

ノルスク・チタニウムは航空宇宙グレードの付加製造チタン構造部品のパイオニアです。構造用途やセーフティクリティカルな用途に適した複雑な部品にチタンワイヤーを変換する特許取得済みのラピッド・プラズマ・デポジション(RPD)プロセスにより、当社は航空業界において他社と一線を画しています。ノルスク・チタニウムの研究開発チームは、今日の非効率的な製造工程を航空宇宙、防衛、商業利用における大幅なコスト削減を実現する精密ワイヤー・デポジション技術により置き換えることに傾注しています。 www.norsktitanium.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Norsk Titanium AS
Chip Yates, VP of Marketing
+1-949-735-9463
media@norsktitanium.com

Source: ビジネスワイヤ

 Posted by at 6:28 PM

カタール航空、メリディアナの株式購入

 メリディアナ  カタール航空、メリディアナの株式購入 はコメントを受け付けていません。
7月 132016
 

カタール航空はメリディアナの株を49パーセント取得することを明らかにした。 メリディアナは経営再建中で、条件として従業員を半減することで合意しているという。

 Posted by at 3:56 PM